TAS lineup充実

  2022はTPF、TSF、TSLにもTAS構造を追加。

TASターン概念

ターン導入部はしなやかなフレックスでトーションはしっかりしている。ターン押え部は遠心力に耐えうるしっかりしたフレックスでありながら、しなやかなトーションでアンダーステアを抑えたい。ターンの質を追求していくと、ショルダーからセンター部とセンターからテール部では求められる要素が異なります。この相反する要素を満たせる構造がTASです。

TASターン特性

ターンインが一発で決まる。ターン中のポジションが安定する。深い内傾角でもターンレスポンスが良く、従来構造では味わえない感触があります。